SG-10を開発!
2008年10月1日

多目的削孔リグSG-10を開発し、販売を開始しました。当モデルは東急建設(株)および(株)北斗工業殿の御依頼により開発された機種で下記のような特長を有します。

  • 1台で複数の用途に適用可能。
    (今回のモデルではリバース掘削、障害撤去用の鋼管掘削、それに北斗工業殿の特許工法の3種類に対応可能な設計となっています。)
  • 標準マストでの施工に加え、空頭制限(H = 5.2 m)の有る場所での低空頭施工が可能。
  • 掘削作業は運転席の操作盤による操作に加え、リモコン装置での操作が可能。
  • 障害撤去時を考え、15 tonという大きな引抜力を装備。
ページトップへ